高校留学の準備

七夕の物語を英語で伝えよう②(アメリカ高校留学)

昨日に引き続き「七夕」を英語で伝える準備をしましょう😀

七夕

天帝は娘の悲しむ姿を見て、向こう岸に住む牛飼いの彦星との出会いをアレンジしました。そして、二人は恋に落ち、結婚しました。

しかし、お互いに夢中になるあまり、他のことががおろそかになってしまいました。彦星がお世話をすべき牛は自由気ままに空を歩き始め、織姫は織り物のことをすっかり忘れてしまいました。

それに激怒した天帝 は、それぞれの川の両側に引き離し、会うことを禁じました。織姫はとても悲しみ、彦星に会えるように懇願しました。天帝は織姫の惨めな姿を見ることに耐えられず、毎年7か月目の7日に夫婦が再会することを許しました。

しかし、織姫は川を渡ることができず泣きました。その泣き声を聞いたカササギの群れが羽を広げて娘が川を渡るための橋を作りました。そして、やっと彦星と再会することができたのです。

それから、7月7日にロマンティックな「七夕」が祝われるようになりました。この神話は夜空の星座に基づいています。織姫はベガ星であり、彦星はアルタイル星です。そして、天の川があります!

英語で読もう!

Seeing her sadness, the King arranged for the princess to meet Hikoboshi, a cowherder who lived on the riverbank opposite. Immediately, they fell in love with one another and quickly married, spending so much time together they both began to neglect their duties. The Hikoboshi’s cows began to roam the skies and Princess Orihime forgot all about her weaving.

Furious with the outcome, the King separated them to either side of the river, forbidding them to meet. His daughter was heartbroken and pleaded with her father to allow her to see Hikoboshi again. The King couldn’t bear to see the princess miserable and allowed the couple to reunite on the 7th day of the 7th month each year. Still, the princess wept that she could not cross the river. Upon hearing her cry, a flock of magpies flew over and, with their wings, created a bridge for the princess to cross the river, and reunite with Hikoboshi.

Now, the romantic tale of the Tanabata Festival is celebrated on the 7th of July. The myth is set upon the changing constellations in the night sky: Princess Orihime is actually the star, Vega, while Hikoboshi is Altair. And the heavenly river? That’s the Milky Way!

【roam = さまよう】【Furious = 激怒】【forbidding = 脅威となる】【miserable = 惨めな】【 Milky Way = 天の川】

前回のお話はこちら

七夕の物語を英語で伝えよう①

———————————————————————————-🛫
アユサ高校交換留学、アメリカ高校留学
www.intraxjp.com/ayusa/

引用:
https://www.thejapaneseshop.co.uk/blog/what-is-the-japanese-tanabata-festival/ 

アユサ高校留学・高校交換留学|アメリカ

アメリカ高校留学・高校交換留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか?
アユサインターナショナルでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談