アメリカの生活

アメリカと日本の文化のちがい(アメリカ留学)

みなさん、こんにちは。今日はアメリカと日本の文化の差についてご紹介します。

実際にアメリカに住むと、日本では当たり前だったことが当たり前でなくなります。日本とアメリカの文化の違いを全て書くことはできませんが、代表的なものをいくつかご紹介します。どんな違いがあるか見てみましょう。

文化の違い

私たちは日本文化の中で育ってきていますので、アメリカで暮らす時に文化の違いに苦しむのは当然の事です。

そんな時に、「日本だったら、こんなことはない」とか「嫌だ。失礼だ。」と思わず、「こんな文化もあるんだ」「だから世界はユニークで面白いんだ」と捉えるように心掛けてみましょう(*’▽’)

文化には「何が正しくて、何が間違っている」ということはありません。その事を十分に理解して、大きな心(Open-minded)でアメリカ生活を楽しみましょう。そうする事で、精神面を大きく成長させることが出来るでしょう💝

時間にルーズ

一般的にアメリカは時間にルーズです。電車・バスなどが時間通りに発着しないのは当たり前です。日本のように、きっちり時間通りに事が進んで、遅れた場合には、丁寧に構内放送や掲示で遅延の連絡をするなんて事はありません(‘Д’) 

アメリカや他国の人との待ち合わせも一緒です。時間通りに来ないことに腹立て「遅刻したんだから、謝ってよ!」「失礼ね!」と思うのは大間違いです(‘Д’) そんな時は、ウィンドウショッピングをしたりカフェで本を読んだりして、ゆっくりと待ちましょう。

ちなみにアメリカでパーティなどにお呼ばれしたときに、時間ぴったりに行ったり、時間前に行くのは逆に失礼です。相手がせかされているように感じてしまいます。少し遅れてゆっくり到着しましょう🌻 仲が良いお友達であれば、前もって「早めに行ってお手伝いしようか?」と声をかけましょう。

気持ちは察しない

日本人は小さい頃から他人の気持ちに気を配ったり、協調性を育んだりして「和」というものを大切にします。それは素晴らしいことですね(^^)/

でも、アメリカでは「和」というものは存在しません!アメリカでは自分がやりたいことをやる「個人主義」となります。だからといって「この人って自己中心的だな」と思うのは間違っています。

世界には色々な考え方を持った人がいます。日本人の考え方だけが正しいわけではありません。他国の考え方や生き方も、きちんと認めましょう。

ストレートに意見を言う

日本では、なるべく周りに差し支えがない様に、他人の意見に合わせて自分の意見を言う人が多いですね。しかし、アメリカでは違います。嫌なものは嫌!好きなものは好き!とてもハッキリとストレートに自分の意見を言います。他人の意見が自分と違っても気にしません。

一方、私たち日本人はハーモニーを大切にするがゆえに質問に対する返答が「周りに合わせたり」、英語を話さなくては💦というプレッシャーで「YES」「NO」だけで終わってしまう事があります。この様な返答を続けると、「この人は自分の意見が全然ないのかな?」「意見を求めても無駄なのかな?」と思われ、交友関係が広がらなくなってしまいます。

はっきり言ったら傷つけてしまうのかな?と心配する必要がありません。でも、もちろん、失礼な態度や口調はNGです。伝え方の「コツ」はアメリカで生活をするうちに身に付きます。

アメリカでは、周りの目は気にせずに、自分の意見をはっきりと言う様に心掛けてみましょう。ただし、失礼な言動はダメです。

謙遜はしない!

アメリカでは謙遜は通りません!謙遜していると、「この人は自信がない人だ」と思われてしまいます。アメリカ人にとって「自信がある言動」はとても大切なのです。

例えば、自分が描いた絵が入賞して褒められた時に「いえ、いえ、まだまだ下手で」などど言ったら、アメリカ人は「あ、この人は自信がないんだなあ」と捉えます。褒められた時は素直に”Thank you! I’m proud of myself”(ありがとう!自分が誇らしいわ)等と答えましょう。日本語で聞くと傲慢に聞こえるかもしれまえせんが、言語(ここでは英語)の背景に存在する文化を考えると自然な表現なのです。

————————————————————————————————————————💛
オペア留学 オペアケア
www.intraxjp.com/aupaircare/

オペアケア・オペア留学

オペアケア・オペア留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか? イントラックスでは、不明点、ご質問を受け付けております。些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談