アメリカの生活

アメリカの貿易駐在員ビザ(Eビザ)について(アメリカ留学)

今日は、アメリカのEビザについてご説明します。
Eビザは、米国と通商条約を締結した国の国民が申請・取得できるビザです。日本は米国と通商条約を締結しているので申請ができますね。Eビザには貿易駐在員用の「E-1ビザ」と投資家用の「E-2ビザ」があります。また、申請者はEビザの任務が終了後、米国を離れる意思があることを示す必要があります。

E-1ビザ

・E-1ビザ = 管理職・専門職ビザ(貿易駐在員)
日米間で貿易・流通を行う日系企業に勤める社員とその家族に対して発給されるビザです。管理職以上か、会社の運営に不可欠な専門的知識・特殊技能を持っていることが取得条件です。

ビザのスポンサーは企業となり、その企業は、所有権の50%以上を日本人・日本企業が有している必要があり、日米間の貿易・流通業務を継続的に行うことが条件となります。有効期間は1~5年となります。更新・延長の場合の有効期間は最長5年で、何度でも更新可能です。

E-2ビザ

・E-2ビザ = 投資家ビザ(投資家、駐在員)
アメリカに会社を設立して投資活動をする企業投資家とその家族のビザです。申請者が、相当額の投資とビジネスプランなどを提出する必要があります。1回目の申請で最長1~5年間、その後、最長5年単位で何度でも更新可能です。

IntraxはJ1ビザのスポンサー

J1ビザは、アメリカの国務省が管轄しており、その国務省が認可した団体がスポンサーとなります。 Jビザ取得者は、アメリカの企業での研修・インターンシップを許可され、現地で収入を得ながら働くことが可能となります。
J1ビザのお問い合わせはIntraxまで👇
www.intraxjp.com/common_form/

———————————————————————————————————💓
アメリカ インターンシップ
www.intraxjp.com/internships/

海外インターンシップ

海外インターンシップについて調べているがよく分からないと悩んでいませんか?イントラックスでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

WEB説明会・個別相談