アメリカの生活

アメリカに転勤するときのビザ(Lビザ)とは

今日は、アメリカのL-1ビザについてご説明します。

L-1ビザとは(企業内転勤者)

L-1ビザとは、米国内の親会社、支社、系列会社、子会社へ一時的に転勤する場合に必要となるビザです。ビザの有効期限は、最初の認可期間は1年ないし3年となります。

L-1Aビザ(経営管理者および管理職)は通算7年まで、L-1Bビザ(特殊技能職)は通算5年まで延長が可能です。最長ビザ取得期間を超えた場合の再申請は、最低1年間米国外に滞在した後に可能となります。Lビザは、規定を満たせばEビザか永住権(グリーンカード)に変更することも可能です。特にL-1Aビザから永住権へのビザ変更は優先就業者と見なされ、他のビザに比べ容易です。

有効な L ビザ保有者の配偶者および未婚の子ども(21歳未満)は、この家族ビザの発給を受けることができます。最近の法改正により、配偶者は就労許可を求めることができます。子どもは米国内で就労することはできません。

多数の駐在員のためのビザが必要な会社は、ブランケットL-1ビザ(包括請願書)を申請することもできます。ブランケットL-1ビザを取得するには、会社が大規模であることに加え、複数の業種を扱い、多くの関連事業を持っている必要があります。また、既存の会社で役員、管理職、専門職として働く方のみが対象となります。

L-1 ビザの申請資格

L-1 ビザの申請資格は、管理職または役員であること、もしくは専門知識を有し、管理職または役員職に就かなければなりません。

・米国内の親会社、支社、系列会社、子会社等関連企業へ一時的に転勤する多国籍企業の従業員
・管理職または役員である、もしくは専門知識を持つもの
・ビザを申請する直前の3年以内に最低1年以上、米国外で経営管理者・管理職または特殊技能職として勤務した社員

IntraxはJ1ビザのスポンサー

J1ビザは、アメリカの国務省が管轄しており、その国務省が認可した団体がスポンサーとなります。 Jビザ取得者は、アメリカの企業での研修・インターンシップを許可され、現地で収入を得ながら働くことが可能となります。
お問い合わせはIntraxまで
www.intraxjp.com/common_form/

———————————————————————————————————💓
アメリカ インターンシップ
www.intraxjp.com/internships/

海外インターンシップ

海外インターンシップについて調べているがよく分からないと悩んでいませんか?イントラックスでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

WEB説明会・個別相談