高校留学・高校交換留学

アメリカ、12年の義務教育(アメリカ高校留学)

アメリカは、高校まで義務教育

アメリカの教育システムはどのようになっているのでしょうか?

アメリカには小中学校の卒業証書はありません。学校の教育は1年目から12年目まで義務教育です。つまり日本でいう「高校」まではが義務教育となります。

一部の学校や学区では、幼稚園、小学校、中学校を修了した生徒に証明書を発行しますが、これらは指定された学年を修了したことの達成マーカーであり、卒業資格ではありません。12年目の教育を修了するとhigh school diploma を取得できます。

無料の義務教育期間「K-12」

アメリカでは学年のことをKもしくはグレードと言います。 日本の幼稚園年長を「K」、小学1年生から高校3年生までの12年間を「グレード1~12」と呼び、この期間が義務教育で原則教育費は無償です(私立などは有料)なので、日本のように小学校、中学、高校で境目があるというよりも、12年の義務教育の流れとなります。

出典:https://www2.ed.gov/about/offices/list/ous/international/usnei/us/edlite-structure-us.html

—————————————————————————🛫

アユサ高校交換留学、アメリカ高校留学
www.intraxjp.com/ayusa/

アユサ高校留学・高校交換留学|アメリカ

アメリカ高校留学・高校交換留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか?
アユサインターナショナルでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談