オペア留学

国際障害者デーについて(アメリカ高校留学)

12月3日はInternational Day of Disabled Persons(国際障害者デー)です。どんな日なのか見てみましょう。

International Day of Disabled Persons

国連障害者戦略は、2019年6月に開始されました。国連事務総長は「国連が模範を示し、障害者に関する組織の基準と活動を向上させるべきだ」と述べました。国連は、障害者の人権を守ることが、すべての人たちの人権につながると考えています。

障害者のサポート

国連では、2030年までに全ての人に対して持続可能なサポートの実現を目指しています。特に障害者の人権問題や持続可能なサポートは重要なことです。障害者の権利の取り組みは正義だけでなく、未来に通じることです。

世界的なCOVID-19の危機は不平等を深めました。障害者に対しての不平等をなくすべき取り組むことが必要です。障害を持つ人々(約10億人)は、通常の状況下でも、「医療、教育、雇用」へのアクセスが難しいことがあります。障害者が取り残されないようにするための取り組みが必要です。

————————————————————————-🛫
引用:https://www.un.org/en/observances/day-of-persons-with-disabilities

アユサ高校交換留学、アメリカ高校留学
www.intraxjp.com/ayusa/

アユサ高校留学・高校交換留学|アメリカ

アメリカ高校留学・高校交換留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか?
アユサインターナショナルでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談