オペア留学

赤ちゃんでも自立心が大事なアメリカ、オペア留学

日本とアメリカの子育てのちがいは何でしょうか?

赤ちゃんでも個室

アメリカでは、赤ちゃんの頃から個室が与あり、親と別々に寝るのが一般的です。

そして、夜泣きをしてもすぐにあやしたりせず放置します。

泣かせて泣かせて、泣き疲れて泣き止むまで泣かせ続ける“cry-it-out”というシステムが主流。

日本人から見るとかわいそうな気がしますが 、泣かせっぱなしにすることによって赤ちゃんが自分で眠れるようになるというトレーニングなのです。

親と離れる時間を設ける

アメリカでは赤ちゃんから一時的に離れる活動を日常的に取り入れるようにしています。

共働きの家庭が多いので、オペアなどの力をかりて自分は働きに出ます。

そして、夜は夫婦だけで外出をして楽しむ時間を持つこともあり、その間は学生アルバイトに子供と一緒のお留守番を頼んだりします。

子供も一個人ですが、親も一個人です。自立心が重要なのです。

個人主義 vs. グループ主義

日本の幼稚園や保育園では、集団行動を大切にし、みんなで何か一つのことをして遊ぶ等といった保育ですね。

アメリカの教育では、さまざまな価値観や宗教などの関係もあり、それぞれが各自で好きな遊びをするというのが主な保育です。

アメリカでの保育では、子どもの自立、意思などを尊重します。これはとても素敵な事だとおもいます。

相手に伝える

アメリカでは保育園に通う年齢の子でも自分の意思を伝えることが当たり前となっています。

例えば、友達と2人でやるゲームをやっている時に他の友達が一緒にやりたいと言ってきても「今はこの友達とゲームをしているからだめです。」とはっきり伝えるのです。

はっきり伝えることで相手も状況が理解できるという文化ですね。

日本では皆で仲良くする協調性が求められますが、アメリカでは自分の意見をはっきりと伝えることが求められます。

嫌いなものは食べなくていい

アメリカでは小さい子でも自分の意見を言い、親もその意見を尊重します。

例えば、嫌いな食べ物は食べなくていいのです!

日本では嫌いな食べ物は工夫をして食べさせる、そして食べられるようにしますよね。

アメリカの親は食べたくないものを強制することはありません。

これがアメリカスタイルの寝かしつけ!

オペアケア参加中のnanamyさんがお世話をしているWinstonくんの寝かしつけの様子です。

Youtubeで見てみよう!

オペア留学 オペアケア
www.intraxjp.com/aupaircare/

オペアケア・オペア留学

オペアケア・オペア留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか? イントラックスでは、不明点、ご質問を受け付けております。些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談