ワークトラベル

日本の常識はアメリカの非常識(アメリカ留学)

みなさん、こんにちは。

自分では常識すぎて考えもしなかったことが、アメリカでは常識ではなく驚くことがあります。いくつかの例をお話します。

アメリカのサービス

一般的にアメリカでは分業で仕事をするため、仮に何か手違いがあっても、代わりのスタッフや責任者が責任をとったりお詫びをしたりすることはありません。自力で解決方法を見つけることが必要となります。いくつか例を挙げます。

予約したのに・・・

アメリカでは「ホテルのシャトルを予約したにもかかわらず、迎えが来ていない。」という話をよく聞きます。これは、予約をする人、予約に基づいて動く人が別なので、責任を取るという考え方がありません。このような場合は自分でホテルに電話をする、携帯などを持参してない場合は空港の電話を借りるなどの方法を考えて解決する必要があります。

お詫びの言葉がない・・・

日本では、ファーストフード店、ビジネスホテルでも何か手違いがあればお詫びの言葉を口にしますが、これは世界の常識ではないのです。

アメリカでは、空港で飛行機が遅れたりキャンセルになったりしても、スタッフが「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」などの「お詫び」をすることはなく、淡々と振替便を手配するのが自分の職務であると考えています。

アメリカでは、何か事が起きたときは、次の手続きをすることが優先されます。例えば、滞在ホテルの請求額が違っていたら直ぐにホテルに訂正を求めることが大切です。その時は、その根拠もしっかりと提示しましょう。

サービスの考え方

日本とアメリカのサービスや対応ついて、どちらがより良いのかは、一概に言い切ることは難しいと言えます。どちらも正しくて、どちらも間違っていません。もちろん、どちらが自分に合っている、どちらがより好きだという好みの問題があるのは確かです。

海外に行く際には、何でも日本が一番!と決めつけず、その国の文化を楽しむ精神で臨むと、より有意義な滞在期間となります。 

——————————————————————————————————————-🛬
ワークトラベル
www.intraxjp.com/worktravel/

ワークトラベル

ワークトラベルについて調べているがよく分からないと悩んでいませんか?イントラックスでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

WEB説明会・個別相談