高校留学・高校交換留学

アメリカのテニス用語(アメリカ高校留学)

みなさん、こんにちは。

テニスの四大大会の1つ、全米オープンの女子シングルス決勝で、大坂なおみ選手がベラルーシの選手にセットカウント2対1で勝ちましたね!

今日はテニス関連の英語についてお伝えします🎾

ゲーム中の英語

・on the line
最近はビデオでライン上でボールがインかアウトか判定することもありますね。英語では「on the line(オン・ザ・ライン)」と定冠詞付きなので「ザ」を忘れずに!

・Close!
「Close(クロース)」とは、惜しくもアウトになったショットのことをいいます。

・string
日本ではラケットに張られている紐を「ガット」と言いますよね。英語では「string(ストリング)」と言います。「ストリングを張る」は「get my racket restrung」と言います。

・wide 、deep
横方向「wide (ワイド)」もしくは縦方向「deep(ディープ)」でアウトとなったときに言います。

bagleとは

・bagel
1セットのスコアが「6-0」となることを「bagel(ベーグル)」といいます。テニストーナメントの時などにランキング上位と下位の選手が戦う時などにはbagelのゲームが見受けられますね。

※以下Wikipediaから引用 https://en.wikipedia.org/wiki/Bagel_(tennis)
In tennis, a bagel is when the set ends with a score of 6–0.[1] An extremely rare type of bagel, where no point is lost, is called a golden set. Most bagel sets occur in the early rounds of tennis tournaments where the favorites meet with lower ranked players such as a lucky loser or a wild card.

練習中の英語

アメリカの高校でテニス部に入る人もいるかと思います。練習中はお互いに声をかけあいましょう(*’▽’)

最初は、相手の英語をよく聞いて、それを真似をすると覚えやすいですよ。

 ・Nice serve!(いいサーブだね!)

 ・Nice ball!(いいボールだね!)

 ・That’s a difficult one!(今のは取れないよ!)

 ・Was it in?(今の入った?)

 ・My bad!(私のミス!)

 ・Good eye!([アウトボールを取らなかったことに対して]よく見ていたね!)

 ・Switch the side!(前衛と後衛の間で「交代だよ!」)

———————————————————————————————————————🎵
アユサ高校交換留学、アメリカ高校留学
www.intraxjp.com/ayusa/