高校留学・高校交換留学

Netflix 国内外の成長の仕方 (アメリカ高校留学)

昨日に引き続き、Netflexの共同CEO、Ted Sarandos(テッド・サランドス)氏について英語を交えて読んでみましょう!

サービスの提供の仕方

マイクロソフトは、製品とサービスを縦軸として、収入源を横に広げてきました。それとは対照的に、Netflixは、1億6000万人ほどの加入者に対するサービスだけを提供しています。これを、多様と見るか、または、1つのサービスと見るかですが、一つのサービスだと判断すればリスクがあります。一方、1億6000万人の異なる顧客がさまざまな映画や番組を視聴しているとすれば、リスクは低くなります。議論がわかれるところです。

Microsoft has extremely spread out products and services verticals and an equal amount of sources of revenue. In stark contrast, Netflix has only one singular service that caters to 160 or so million subscribers. If you’re trying to decide if this is diversified, whether you should look at it like one service, therefore risky. Or 160 million different customers watching wide array of movies and shows, thus less risky. There’s an argument for both.

新規ユーザーと退会ユーザー

Netflixでは、2020年の第1四半期に、これまでの1億6000万人の加入者に加えて、1600万人の新規ユーザーの登録があり、これまでで最も大幅な増加となりました。

今までのユーザーを浴槽の中の水と見なすと、「1600万人の新規ユーザー」というバケツの水がバスタブに追加されたことになります。57.5億米ドルの価値があると推定されるバケツです。Netflixユーザーによるバスタブには、新規ユーザーのサインアップという水の入る流れと、サブスクリプションの停止という水の出る流れがあります。

This first quarter of 2020, Netflix saw its most substantial spike in sign-ups ever of 16 million new users, on top of its 160 million subscribers.

If you consider the pool of users as a bathtub of water, “16 million new users” is adding a bucket of water to the tub. A bucket that’s estimated to be worth 5.75 billion USD. In the standard bathtub model of Netflix users, there’s an input stream of new user sign ups and an output stream of subscription stoppages.

常にプラスであることが必要

今までの例を見ると、番組が物議を醸す話題を取り上げたり、Netflixが大幅な値上げを発表したりするたびに、人々はサブスクリプションを停止し、他の人にもTwitterで同じことをするように勧めます。会社の株価を維持し、収益を健全に保つためには、新規ユーザーと退会ユーザーの差は常にプラスである必要があります。

Historically, every time some show touches on a controversial topic or Netflix announces a price spike, people stop their subscriptions and encourage others to do the same on Twitter. To keep the company’s share value, and the bottom line healthy, the difference between new users and user drop-offs should always be positive.

グローバル戦略

Netflixは常に成長への大きな野心があります。数年前から、米国での成長は低下し、約6000万にとどまっています。おそらく新規ユーザーと退会ユーザーが均衡を保っているのでしょう。

当然、これは主要なユーザーの成長を他の場所に求める必要があることを意味します。Netflixは世界に6つのオフィスを持っており、それは会社が成長努力をどこに集中させたいかについての考えを示しています。日本と韓国には、人口と国民の平均所得に基づいたオフィスがあります。オランダには、ヨーロッパでのユーザー数を維持および拡大するためのオフィスがあります。そして最後に、人口の多さという点から、インドとブラジルにも大きな可能性を見ていることでしょう。

Netflix has a huge appetite for growth. Since a few years ago, the growth in the US has declined and has stayed at about 60 million, an equilibrium perhaps. Naturally this means the primary user growth needs to come from elsewhere.

Netflix has six offices globally, and that gives us an idea of where the company would like to focus its growth efforts. There are offices in Japan and Korea, based on the population and the average income of the people there that makes sense. There is an office in the Netherlands, to maintain and grow its user base in Europe. And lastly, in India and Brazil, undoubtedly due to the large population size of those countries, there’s great potential there as well.

続きはこちら

この下のリンクをクリック👇
www.intraxjp.com/ayusa/kyokasho/study_abroad/highschool/ted-sarandos-4/

出典
https://medium.com/swlh/lessons-from-netflix-ted-sarandos-reed-hastings-part-i-eda49894c7b7

Lessons from Netflix, Ted Sarandos & Reed Hastings — Part I
From Founders to Content and Scale
—————————————————————————♫

アユサ高校交換留学、アメリカ高校留学
www.intraxjp.com/ayusa/

アユサ高校留学・高校交換留学|アメリカ

アメリカ高校留学・高校交換留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか?
アユサインターナショナルでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談