- 大学留学・大学交換留学

高校留学と大学留学のちがい

高校時代に留学するべきか、大学時代に留学するべきか悩む方もいるかと思います。

ここではアメリカ高校交換留学 vs. 大学留学について説明しますね。

高校で留学する良さ

■ 英語力がアップ
高校時代に留学する良さはなんといっても現地の人との交流が多いことです。
アメリカでも高校生はまだ子供という認識があるため、ホストファミリーや先生が気にかけてくれます。
ボランティアなどに参加して地域の人々と話すこともあるでしょう。
高校生の年代だと、自然に英語の発音も良くなり、会話も流暢にできるようになります!

■ 発言力やプレゼン力がつく
アメリカの授業では、積極的に発言することが求められ、グループワークもあります。
発言力も評価点につながるので、テストができるだけではいけません。
最初はドキドキしますが、少しずつ人前で発言することになれてきます。
帰国するころには英語で堂々と話せますよ。

■ アメリカ人の友達ができる
高校留学では、学校で一緒にランチを食べたり、スポーツ等を一緒に楽しむことで友達がたくさんできます。
また、比較的、数学が得意な日本人はアメリカ人に数学を教えて、アメリカ人からアメリカの歴史について教えてもらうという話も良く聞きます。

高校留学帰国後の英語力

■ 大学進学に有利な英語力
高校留学の経験や高い英語力が武器となり、希望大学に進学をしている人が多いです。1学年アメリカで生活したことで自信がつき、面接でも堂々と発言できるのも強みですね。
そして、
・TOEIC 高得点:高校留学帰国後に700点~900点を取得する人が多い。
・英検1級合格:帰国後、高校時代に英検1級に合格した方も。

■ 就職にも生きる英語力
高校留学経験者は、発音が良く、英会話力が高いです。これは生涯使えるスキルです。
実際に大手商社に就職した高校留学経験者は、入社前に英語圏での駐在にOKが出てました。

高校交換留学と大学留学の比較

■ 高校交換留学
・生活:アメリカの無償のホストファミリー宅で暮らす。英語で生活できる。
・学校:アメリカの高校生と机を並べて勉強できる。もちろん授業も全て英語。
・友達:授業やスポーツなどを通じてアメリカ人の友達ができる。
・イベント:学校のイベントに参加できる。ホストファミリーとサンクスギビング、クリスマスなども体験できる。

■ 大学留学
・生活:学生寮または有料のホームステイ。日本人と同室となる場合もある。
・学校:専門分野を勉強。講義を聞き自習をする時間が多い。
・友達:文化や習慣が似ている日本または他のアジアの生徒と友達になりやすい。
・イベント:自分次第。

アユサ高校交換留学
www.intraxjp.com/ayusa/