- 高校留学・高校交換留学

留学するなら高校?大学?それぞれのメリット・デメリット

高校留学に行こうと思っているが、受験が大変そうだから大学に入ってからにしようかな、と思う人もいると思います。それぞれ、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

大学での留学は、自分の専攻の研究を深めるのが目的。

大学はそもそも研究機関ですから、学生にも研究やそのための知識を身に着けることを求めています。欧米の大学は日本の大学よりも優れているとされていたため、日本の研究のレベルを高めるために優秀な学生を留学に送り知識を持って帰らせる、ということが行われてきた過去があります。日本の大学が(ごく一部ですが)世界トップクラスとなった今でも、留学はあくまで研究の一部という側面が強いですが、研究や勉強への意志が強い人には特におすすめできます。また、どの大学にも留学生のコミュニティがあるため、世界中からの留学生と交流できるのも魅力です。

高校での留学は、人の交流や文化経験が主体にある。

ほとんどの高校生は専攻が決まっているわけではないですよね。ですから、留学の目的も交流にあります。交換留学という名前は文化交換から来ていますし、ホストファミリーが無償(ボランティア)であるのもこのためで、大学での学費や寮費よりもかなり安く済むのが一般的です。また、田舎に派遣されることも多く、周りに日本人がいない環境が一般的なので、常に英語に接することになります。語学の習得は一定の年齢を超えると困難になる、と言われている(臨界期仮説)こともあり、英語のリスニングなどの能力は飛躍的に向上します。

反対に、日本の勉強を一年間しないことで受験に影響があると考える人も多くいます。この点に関しては、過去の記事を読んでください。

また、交換留学は誰でも参加できるというわけではありません。学校の通知書、英語テストの結果などによって一定の選考が行われます。特に、学校の欠席日数が多いような場合は原則として参加できません。

行かない後悔か、行って後悔か

大学留学と高校留学、どちらがいいというわけでもないというような書き方をしましたが、もしこれを読んでいるあなたが高校生以下なら、今からでも高校留学を検討すべきだと思います。家族や先生の意見も聞きながら、今やれることは何でもやってみましょう!

高校留学・高校交換留学

アメリカ高校留学・高校交換留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか?
アユサインターナショナルでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ