オペア留学

子どもの自己表現力(アメリカ オペア留学)

みなさん、こんにちは。
今日はassertion(主張・自己表現)について考えてみましょう。主張・自己表現とは、自分勝手の考えやわがままのことではありません。正しい主張・自己表現とはどのようにしたらいいのでしょうか?10 Steps for Teaching Your Kids How to Be Assertiveの記事を英語を交えて読んでみましょう。

境界の概念について

主張・自己表現(assertion)について考える前に、まず自分の体・感情、そして、法・学校や職場などの境界の概念について子供たちと話し合うことが大切です。子供たちが、それぞれの境界の概念に気がつくことで、自分自身そして他人の尊重について教えることになります。

The concept of boundaries is central to the concept of assertiveness. We should talk to our kids about appropriate personal boundaries in all of its forms: physical boundaries, emotional boundaries, legal boundaries, school and workplace boundaries, etc.
Teaching boundaries involves teaching children about respect for themselves and respect for others.

境界の説明の仕方

境界の概念を説明する簡単な方法は、最初にフェンスや信号機など、見ることができる具体的な物理的境界を指摘することです。これらの境界は、私たちの安全とプライバシーを保護するために設けられています。これらの境界に違反すると、事故、切符、さらには逮捕などに結果につながることがあります。

A simple way I have found to explain the concept of boundaries is to first point out concrete physical boundaries that they can see such as fences or stop lights. These boundaries are put in place to protect our safety and privacy. Violation of these boundaries often leads to dire consequences such as accidents, a ticket or even arrest.

個人の境界

そこから、個人の境界について子供たちと話しましょう。まずは、自律の権利があることを説明し、また、権利が侵害された場合は声を上げるべきと教えることができます。一般的に子供たちは、大人から指示されたことに従う必要あると思っていますが、個人の境界が不明確となり、危険な状況に置かれたり、人間関係の問題にちながったりする可能性があります。

From there, we can move on to talk with our kids about personal boundaries like physical space. We should explain to our kids that they have a right to body autonomy and should always speak up if these rights have been violated.
Too many children, myself included, are raised to believe they are obligated to do what an adult tells them to do. This combined with an unclear understanding of physical boundaries can not only put a child in a dangerous situation, but can also lead to relationship issues when they are adults.

自分の境界を相手に伝える

個人の境界について説明しましょう。例えば、私は、娘がハグやキスをしたくない場合、それを尊重します。2歳であっても娘の空間は彼女だけのものです。感情的な境界線は、個人の境界線のひとつです。子どもが友達の名前を叫んだり、からかったりしている場合、それが不快であることを相手に伝える権利があるのです。友達が嫌なことを続ければ、その人と友達になるのをやめる権利があるのです。

This is why I always respect my daughter’s “no” if she doesn’t want to give me a hug or kiss. Even at two years old, her physical space is hers and hers alone.
Emotional boundaries are another aspect of personal boundaries. If a child’s friend is calling him names or making fun of him, the child is within his rights to speak up about how it makes him uncomfortable.
If the friend keeps doing it, the child has the right to stop being friends with that person.

自分の境界を相手に伝える

同じ概念が親子関係にも当てはまります。子どもが親に対して無礼であるときに、それを子どもに伝えることが必要です。親子と言えども、お互いに尊敬し合うべきであり、尊敬を受ける権利があることを教える必要があります。そして、私たちはその期待に応えるためにあらゆる努力をする必要があります。適切な境界と自己主張を教えられた子供たちは、的確な自己主張ができる大人となります。

The same concept applies to parent-child relationship as well. Just as we parents don’t enjoy it when our kids are disrespectful to us, we should teach them that they are within their rights to expect respect from us. And we need to make every effort possible to live up to that expectation.
Children who are taught appropriate boundaries and assertiveness often grow up to be successful adults who speak up for the things they need and want.

引用: https://afineparent.com/strong-kids/how-to-be-assertive.html

———————————————————————————————————💓
オペア留学 オペアケア
www.intraxjp.com/aupaircare/

オペアケア・オペア留学

オペアケア・オペア留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか? イントラックスでは、不明点、ご質問を受け付けております。些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談