オペア留学

ニューヨークでオペア留学(アメリカ、オペア留学)

みなさん、こんにちは。

今日はオペアケアに参加した瑞慶覧さんの体験談をご紹介します。

オペア留学をきめた理由

アメリカの保育や文化について興味があり学んでみたかったのと、ホストファミリーの一員として、アメリカならではの行事などを体験してみたかったからです。

また、語学留学などのほかの留学よりも安く参加できるのもとても魅力的でした。

滞在場所

二ューヨーク州のレックスフォード市でした。ニューヨークの北のほうにあり、マンハッタンまでは車で三時間かかります。

自然が豊かで山や湖も多くある地域です。冬はとても寒く、大雪で学校が休校になることもありました。移動手段は車が必須で、ハイウェイを使い30分ほどで着く大きなモールによく行っていました。

どんなホストファミリーでしたか?

ホストパパはエンジニアの仕事をしていて、ホストママは会計士の仕事をしていました。キッズは、男の子2人(6歳、4歳)と女の子が1人(2歳)でした。一番上の子は幼稚園、下の二人はプリスクールに通っていました。週末は、ホストグランドペアレンツの家(ニューヨークのクイーンズ)に遊びに行ったりしていました。そんな時は、私にも必ず声をかけて誘ってくれました。

子どもが悪いことをしたらタイムアウトを使うなどしてしっかり子どものしつけをしている家庭でした。私のこともとても信頼してくれていて、家族の一員として受け入れてくれていました。ユーモアもあり時には冗談を言い合えるとても温かくて素敵なファミリーでした。

大変だったことは?

最初は年齢の異なる子どものお世話することが大変でした。

一番下の子が赤ちゃんだったので、下の子ばかりに手が取られてしまい、上の子二人に我慢してもらうことも多く、沢山悩みました。

また、ホストファミリーのしつけの仕方や注意する基準が違い、初めは少し戸惑いもありました。ですが、できる限りファミリーの方針に従い、子どもたちと接するようにしていました。

二年目は上の子も言葉が達者になり、注意するときに英語でその子に納得してもらえるように話すのが大変でした。

英語はどうでしたか?

もともと英語が得意ではなく苦手意識もあり、出発前はほとんど喋れませんでしたが、渡米して生活していく中で初めにリスニング力が上がっていくのを実感できました。

スピーキングもファミリーや友だちとの会話の中で初めは辞書ばかり使っていたのが自然と辞書を使う機会も減っていき、会話もスムーズになっていきました。

授業は何をとりましたか?

私がとったのは以下の授業でーす。
・授業名:ESLクラス(3回)、オペア週末クラス(in NY)
・単位数:ESLクラス(1回3単位)、オペア週末クラス(3単位)
・費用:ESLクラス(1回45ドル)、オペア週末クラス(300ドルくらい)

ESLは夕方のクラスだったので、年齢層が少し高かったです。でも、いろんな国の人たちがいて違う国の人たちとの交流もできたのでとてもよかったです。

週末クラスは事前に課題を出されていて、その課題を終えるのが少し大変でしたが、オペア専用のクラスだったので参加者は全員オペアで、このクラスを通して沢山の友達を作ることができました。オペア同士で悩みやアドバイスを言い合い相談もできたのでよかったです。

———————————————————————————💛
オペア留学 オペアケア
www.intraxjp.com/aupaircare/

オペアケア・オペア留学

オペアケア・オペア留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか? イントラックスでは、不明点、ご質問を受け付けております。些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談