海外インターンシップ

アメリカの就職面接で気を付けること(アメリカ留学)

昨日に引き、アメリカでの就職面接について見てみましょう。

アメリカでの面接で気を付けること

アメリカは多民族ですが、ほとんどのアメリカ人は外国の文化にあまり精通していません。

そのため、日本のことを少し話す必要があります。たとえば、あなたの大学は日本でトップクラスだったり、あなたが現在勤務しているのは日本では誰もが知っている大企業かもしれませんが、アメリカの面接官は何も知らないかもしれません。

どのように説明したらいい?

それではどうしたらいいのでしょうか?面接では、あまり長い説明や受け答えは好まれません。短い文章で的確に表現することが大切です。

例えば、
学歴を言う際は、学校名だけではなく、具体的に「私は日本でトップの工学学校であるX大学に行きました」と簡潔に説明することができます。

職歴を言う際は、社名や部署だけでなく、「現在、私はスポーツ用品のeコマースプラットフォームであるXで働いています。収益は4億ドルです」等、あなたの会社が何をしているのか、そしてその規模を端的に表現することが大切です。

引用
https://interviewgenie.com/blog-1/2018/2/5/american-interviews

———————————————————————————-🛫

ワークトラベル
www.intraxjp.com/worktravel/

ワークトラベル

ワークトラベルについて調べているがよく分からないと悩んでいませんか?イントラックスでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

WEB説明会・個別相談