高校留学・高校交換留学

WHOの功績(アメリカ留学)

みなさん、こんにちは。

今日はWHOの功績についてご紹介しますl。

天然痘

歴史的にも知られるWHOの功績は天然痘(smallpox)の撲滅です。

1958 年当時、世界33カ国に天然痘が存在し、発生数は約2,000 万人、死亡数は400万人と推計されていました。

古代エジプトでも天然痘による死が確認されているほど、長い間人類を苦しめてきたとても致死率の高い感染症でした。

症状は、皮膚のできもの、発熱、頭痛、悪寒などがありました。

予防法が確立されてからは先進国ではワクチンが広がったのですが、発展途上国は医療や行政が整っておらず、天然痘は変わらず流行を続けていました。

WHOがとった対策は、天然痘患者を見つけた人に賞金をあげるという驚きの方法でしたが、患者とその周辺の人に徹底的に予防接種(vaccination)を行い(封じ込め政策)、1980年に見事撲滅に成功しました。

英語で話そう!

英語:)In 1980, the WHO successfully eradicated the infectious disease called smallpox thanks to the invention of its vaccine.

訳:) 1980年、ワクチンの発明によりWHOは見事天然痘という感染症を根絶しました。

【単語を覚えよう!】
・successfully: うまく
・eradicate: 根絶する
・infectious: 感染する
・invention: 発明
・vaccine: ワクチン ※発音に注意

ポリオ

もう1つWHOが撲滅計画を立てたのが、ポリオ(Acute poliomyelitis、急性灰白髄炎)です。

ポリオは、はじめの数日間は胃腸炎のような症状があらわれ、その後1パーセント以下の確率で、ウイルスに関連した左右非対称性の弛緩性麻痺(下肢に多い)を呈する病気です。

現在でも、WHOは、ポリオ根絶計画の達成を重要かつ喫緊の課題と位置づけ、各国と協力して対策を強化しています。

調べておこう

WHOと同時に覚えておきたいのが、この天然痘とポリオ。

この2つの病気を覚えていれば、WHOって何をしたの?という問いにもすんなり答えられます。

前回のWHOの記事を読もう

読んでね!
www.intraxjp.com/ayusa/kyokasho/english/who-mission/

———————————————————————————————————♪

アユサ高校交換留学、アメリカ高校留学
www.intraxjp.com/ayusa/

アユサ高校留学・高校交換留学|アメリカ

アメリカ高校留学・高校交換留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか?
アユサインターナショナルでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談