大学留学・大学交換留学

交渉時に選択肢があったとき(アメリカ留学)

昨日に引き続き、スタンフォード大学の「Insights by Stanford Business」の男女の交渉に関する記事を見てみましょう。

交渉力の調査

交渉力の調査は約2,500人を対象に行いました。参加者の内訳は、約5分の1がMBAを含む学生、5分の1は企業の幹部、そして35パーセントが女性でした。

研究者はペアとなった参加者に、ある求人に対する「応募者」と「採用担当者」の役割を割り当てました。ペアには面接時間として30分が与えられました。ペアは「給与、開始ボーナス、休暇日、勤務地などについて有利な交渉ができたかポイント制で判断されました。各ペアは4,800から13,200ポイントを獲得しました。中央値は5,100ポイントでした。

よりよい選択肢があったとき

そして、交渉者には代替案が与えられました。応募者には別の求人があると伝えました。採用担当者は、別の候補者がいると言われました。「強い」代替案は4,500ポイントの価値があり、「弱い」代替案は2,200ポイントの価値がありました。どちらの参加者も、交渉相手の代替案の価値は知らされませんでした。

この交渉での男性と女性の平均パフォーマンスに大きな違いはありませんでした。しかし、女性の交渉者が良い選択肢を持っていた場合、結果に差が生じました。女性の交渉者が良い代案を持っていると、交渉が難航する可能性が劇的に増加したことが分かったのです。

続きはこちら

続きはこちら👉「有利な条件でも難しい❓女性の交渉力」

引用
https://www.gsb.stanford.edu/insights/having-more-power-bargaining-table-helps-women-also-sparks-backlash
———————————————————————————-🛫

アユサ高校交換留学、アメリカ高校留学
www.intraxjp.com/ayusa/

アユサ高校留学・高校交換留学|アメリカ

アメリカ高校留学・高校交換留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか?
アユサインターナショナルでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談