高校留学・高校交換留学

ダール氏の数々の文学作品(アメリカ高校留学)

昨日に引き続き、ロアルド・ダール(Roald Dahl)氏の経歴と作品を見てみましょう。

結婚と子供

1953年、ロアルド・ダールはアメリカの女優、パトリシア・ニールと結婚し、5人の子供をもうけましたが、30年後に離婚しました。その後、ダール氏はアメリカ「ミュージアムセンター」の設立を通じてロアルドの遺産を促進してきたフェリシティ「ライシー」クロスランドと結婚しました。

1960年、ダール氏は、ニューヨークでの事故後に息子が受けた頭部外傷を軽減するために、※ウェイドダールティルバルブの発明を支援しました。

※ウェイドダールティル(WDT)バルブは、水頭症エンジニアのスタンリーウェイド、著者ロアルドダール<によって1962年に開発された脳シャントです。
脳シャントは、脳脊髄液(CSF)の過剰な蓄積による脳の腫れである水頭症の治療に一般的に使用されます。
引用:https://ja.isecosmetic.com/wiki/Wade-Dahl-Till_valve

さまざまな文学作品

その後、ダール氏の文学のエネルギーが高まりました。1961年に自分の子どもに向けて書いた「James and the Giant Peach (1961;film 1996)」「Charlie and the Chocolate Factory (1964; film 1971)」を出版しました。

その後もさまざまなヒット作を生み出しました。
・Fantastic Mr. Fox (1970; film 2009)
・Charlie and the Great Glass Elevator (1972)
・The Enormous Crocodile (1978)
・The BFG (1982; films 1989 and 2016)
・The Witches (1983; film 1990)
・You Only Live Twice (1967)
・Chitty Chitty Bang Bang (1968)

最後に出版したMatilda (1988)は1996年に映画、2010にミュージカルになりました。その他、You Only Live Twice (1967) and Chitty Chitty Bang Bang (1968)等の映画のスクリプトを制作したり、自伝の Boy: Tales of Childhood(1984)を出版したりしました。

————————————————————————-🛫

アユサ高校交換留学、アメリカ高校留学
www.intraxjp.com/ayusa/

アユサ高校留学・高校交換留学|アメリカ

アメリカ高校留学・高校交換留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか?
アユサインターナショナルでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談