高校留学・高校交換留学

三島由紀夫とも交流があったキーン(アメリカ高校留学)

みなさん、こんにちは。昨日に引き続き、日本学者ドナルド・キーン氏についてお伝えします。再び日本に戻ることができたキーン氏は有名な作家たちと交流を深めます。

キーンと交流があった作家

・三島由紀夫(1925–1970)
日本で最も称賛され、物議を醸した作家の1人。『仮面の告白』や『金閣寺』などの小説は、国内外で高い評価を得ています。キーンが三島の『近代能楽集』に惹かれ、それを翻訳したことで交流が始まり、劇に対する共通の情熱が彼らの友情を育てました。キーンは三島の作品をさらにいくつか翻訳し、ニューヨークでの成功を試みましたが、うまくいきませんでした。三島は、1970年11月25日、日本政府に対するクーデターが失敗した後、切腹しました。

・川端康成(1899–1972)
1968年に日本人で初めてノーベル文学賞を受賞した小説家。川端康成は、日本文学の他言語への翻訳に尽力し、長年日本ペンクラブの会長を務め、数々の賞を受賞しています。キーンが川端に会い交流が始まったのは、それらの活動を通してでした。キーンは三島の『金閣寺』がノーベル賞を受賞することを確信していたので、受賞を逃したことには非常にショックを受けました。 1972年の川端の死は、三島が取れなかったノーベル賞を受賞した罪悪感からの自殺であるとの推測もされています。

・安部公房(1924〜1993)
キーンも面識があった勅使河原宏によって映画化され、絶賛された『砂の女』や『他人の顔』などの小説で有名。キーンは1980年代に毎年大晦日を阿部夫妻と過ごし、夫妻との交流を深めました。

・司馬遼太郎(1923〜1996)
20世紀の日本で最も人気のある小説家の1人で、『竜馬がゆく』や『坂の上の雲』など、NHKドラマで大成功を収めた歴史小説作品でよく知られています。司馬はキーンをゲスト寄稿者として雇うよう朝日新聞に掛け合い、キーンは日本最大の新聞社で働く数少ない外国人記者の1人として、10年間務めました。

・永井道雄(1923–2000)
第41代首相三木武夫政権時の教育大臣。キーンは永井を「日本で最も親しい友人」と述べています。2人は朝日新聞で一緒に働いていました。

続きはこちら

「アメリカに日本文学を紹介」👇
wwwww.intraxjp.com/ayusa/kyokasho/study_abroad/highschool/donald-lawrence-keene-6/

———————————————————————————————–🛫

アユサ高校交換留学、アメリカ高校留学
www.intraxjp.com/ayusa/

アユサ高校留学・高校交換留学|アメリカ

アメリカ高校留学・高校交換留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか?
アユサインターナショナルでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談