高校留学・高校交換留学

バンカーヒルの戦い(アメリカ高校留学)

アメリカ入植者とイギリスとの闘い「バンカーヒルの戦い」(the Battle of Bunker Hill)について見てみましょう。

アメリカ入植者とイギリス間の緊張感

1775年初頭、イギリスとそのアメリカ入植者間の緊張は高まりました。

イギリス軍が火薬と大砲を確保している間、アメリカ入植者たちは戦争のために動員し始めました。

そして、アメリカの地元の民兵はイギリス軍の攻撃に備え、コネチカット、ロードアイランド、ニューハンプシャー、そして現在のバーモント州から遠く離れたボストンを守るために行進しました。

バンカーヒルの戦い

ついにイギリス軍はボストンの北と南で攻撃を開始することを計画しました。しかし、攻撃の詳細が漏洩し、チャールズタウンの丘を守るために、1,000人のマサチューセッツとコネチカットの兵士(軍隊というよりは武装した暴徒)の分遣隊が集まったのです。擁護者の中には、奴隷にされたアフリカ系アメリカ人も何人かいました。

1775年6月、アメリカとイギリス間のこの「バンカーヒルの戦い」はイギリス軍の戦術的な勝利で終わりましたが、アメリカ入植者も強いイギリス軍を相手に激しい戦いを繰り広げました。

この激しい衝突は、植民地の反乱が容易に消滅しないことを示しました。この戦いで、イギリス軍はアメリカ軍の2倍の死傷者を出し、多くの将校を失いました。イギリスとアメリカ植民地の和解はもはや不可能となりました。

———————————————————————————-🛫
アユサ高校交換留学、アメリカ高校留学
www.intraxjp.com/ayusa/

アユサ高校留学・高校交換留学|アメリカ

アメリカ高校留学・高校交換留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか?
アユサインターナショナルでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談