オペア留学

アメリカの服・靴のサイズ(アメリカ留学)

アメリカで洋服等を買う際にサイズに悩む方もいるのではないでしょうか?アメリカのサイズ表記ついて見てみましょう!

Tシャツ等のサイズ

試着ができれば一番いいのですが、お土産屋さんなど、試着ができないお店もありますよね。

メーカーなどによってバラつきはありますが、目安は「日本 S = アメリカ XS」「日本 M = アメリカ S」とアメリカの表記より一つ上げたサイズが日本サイズです。アメリカでは、少しゆとりがあるTシャツにジーンズが一般的です。

デパート等で見かけるサイズは、「日本の7号 = アメリカの0号」それでも大きい場合はジュニアセクションで探しましょう( ..)φメモメモ 「日本の9号=アメリカの4号」「日本の11号 = アメリカの6号」が目安です。

ジーンズのサイズ

アメリカではセンチではなく、インチで表します。タグにW(ウエスト)とL(レングス、丈の長さ)がインチ表記で表示されています。
1インチは2.54cmです。ただし、男性と女性では体型が異なるため、女性ものより約10cm大きく設定してあることがあります。
女性ものだと「日本のウエスト56 = アメリカの26」「日本のウエスト58 = アメリカの27」
男性ものだと「日本のウエスト68 = アメリカの27」「日本のウエスト71 = アメリカの28」となっています。

ここで、問題はL(レングスです)アメリカの標準だとジュニアでも長いことがあります( ;∀;) 脚が長いですからね~。日本のように裾上げは一般的ではないので、注意が必要です。自分で裾上げした結果、失敗してしまうこともあります。アメリカでは想像以上にジーンズをはいている人が多いです👖

靴のサイズ

靴もメーカーやスタイルによって異なるので試した方がいいですが、サイズの目安は「日本 22cm = アメリカ 5 」「日本 23cm = アメリカ 6」という形です。

子供服のサイズ

アメリカの子供服のサイズは年齢であらわされています。

赤ちゃん・乳児の場合は、0から3ヶ月(0-3m)と3ヵ月ごと、12ヶ月以降は、12から18ヶ月(12-18m)のように6ヵ月ごとです。

2歳以降を幼児とし、1歳ごとに、2Tから5Tまであります。TはToddler(幼児)の頭文字です。

5歳以降は、S,M,Lのサイズ表示と、年齢による表示が両方使われています。

———————————————————————————————————💓
オペア留学 オペアケア
www.intraxjp.com/aupaircare/

オペアケア・オペア留学

オペアケア・オペア留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか? イントラックスでは、不明点、ご質問を受け付けております。些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談