高校留学・高校交換留学

イギリスと入植者の戦い(アメリカ高校留学)

イギリスが入植者に課した税金

1760年代、イギリスは債務が多かったため、イギリス議会はこれらの債務の支払いを支援するためにアメリカの入植者に一連の税金を課しました。

1765年の印紙法は、彼らが使用したほぼすべての印刷された紙に植民地人に課税しました。それはビジネス関連書類、新聞、法的文書、トランプカードに至るまでの課税でした。1767年のタウンゼンド諸法はさらに一歩進んで、塗料、紙、ガラス、鉛、お茶などの必需品に課税しました。

イギリス政府は、入植者に代わって戦争で戦っていたため、植民地に課す税金は公平であると主張していました。しかし、入植者たちはこれに同意しませんでした。彼らは議会にも通さず課税されることに激怒し、イギリスが彼らに税金を課すことは間違っていると思っていました。

ボストン虐殺事件

1770年3月5日、ボストンでアメリカ人入植者とイギリス人兵士の間で街頭乱闘が起こりました。ボストン税関を警備しているイギリスの歩哨に雪玉、氷、牡蠣の殻を投げつけ、イギリス人は手に負えない入植者のグループが通りにいることに不満を感じました。援軍が到着し、暴徒に発砲し、5人の入植者を殺し、6人を負傷させました。これが「ボストン虐殺事件」です。この事件により植民地人はイギリスに対してさらなる怒りを感じました。

———————————————————————————-🛫
出典:https://www.history.com/topics/american-revolution/boston-tea-party

アユサ高校交換留学、アメリカ高校留学
www.intraxjp.com/ayusa/

アユサ高校留学・高校交換留学|アメリカ

アメリカ高校留学・高校交換留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか?
アユサインターナショナルでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談