高校留学・高校交換留学

アメリカ植民地時代のイギリスの貿易(アメリカ高校留学)

引き続き、アメリカ植民地時代のイギリスの貿易について見てみましょう。

戦争と商業取引

イギリスの利益のために植民地貿易を制限する法律が決まった後も、多くのバージニアのプランターはイギリスの重商主義の制限を無視し、オランダの商人と取引を続けました。

その後、イギリスとフランス間の戦争が大西洋の商業の取引を混乱させ、プランターはイギリスの護送船団でタバコを輸送することを余儀なくされてしまいます。そのため、オランダとの違法取引は衰退しました。

1700年以降、ほとんどのプランターはタバコをイギリスに出荷し、1707年の合同法に従って、スコットランドに出荷しました。イギリスとスコットランドの商人は、バージニア州のタバコの半分を国内消費し、残りをオランダの製造業者に合法的に再輸出することで、豊かになりました。

英語で読んでみよう!

Still, many Virginia planters ignored these mercantilist restrictions and continued to trade with Dutch merchants. Then a series of wars between England and France disrupted Atlantic commerce, and planters were forced to ship tobacco in convoys escorted by the Royal Navy. Illegal trade with the Dutch waned; after 1700, most Chesapeake planters shipped their tobacco to England and, following the Act of Union in 1707, increasingly to Scotland. English and Scottish merchants grew rich by processing half of Virginia’s tobacco for domestic consumption and legally reexporting the rest to Dutch manufacturers.
【mercantilist = 重商主義者】【disrupted = 混乱した】【convoy = 護送する】【consumption = 消費】

アメリカの植民地時代について 🖱

———————————————————————————-🛫
出典:https://encyclopediavirginia.org/entries/salutary-neglect/#:~:text=Salutary%20neglect%20was%20Britain’s%20unofficial,early%20in%20the%20eighteenth%20centuries. 

アユサ高校交換留学、アメリカ高校留学
www.intraxjp.com/ayusa/

アユサ高校留学・高校交換留学|アメリカ

アメリカ高校留学・高校交換留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか?
アユサインターナショナルでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談