オペア留学

アメリカのホストファミリーが選ぶベストオペア(オペア留学)

Intraxのオペアケアでは、毎年「究極のオペア」(Ultimate Au Pair / アルティメット・オペア)コンテストを開催しています。今年は、日本人の「さくら」さんがファイナリストの一人となりました。ホストファミリーからの推薦状をご紹介します💛

なぜそんなにすばらしいオペアなのですか?

さくらは12ヶ月以上にわたって家族の一員です。プログラムの期間も延長して過ごしてきましたが、あと4か月でそれも終わると思うと、とても悲しくなります😢

さくらが、最初に我が家に来たとき、アメリアは2歳、ジョナはたった6ヶ月でした。今では4歳と2歳になりましたが。子供たちが成長する過程で特別な出来事がたくさんおこりますが、そのような貴重な年月をさくらと一緒に過ごしてきました。

実際、ジョナが人生最初の一歩を踏み出したとき、さくらが一緒でした!さくらが叫んだ時、私たちは何が起こっているのかすぐにわかったので、スマホを持って飛んでいき、その瞬間を記録することができました。最初の言葉、最初の歯、最初のヘアカット、園に戻った最初の日、最初のオンライン・バレエリサイタル、などなど挙げればきりがありません。ジョナは最近、突然彼女の名前を呼び出しました。「さくら~、夕食の準備ができたよ♪」と、ジョナがさくらを呼ぶ声は、まるで天使のようです。

子どもたちと楽しくすごす

去年はCOVID-19が猛威を振るった大変な年でした。学校が閉鎖されている間、さくらが子供の世話をしてくれたおかげで、私たちはフルタイムで働き続けることができました。しかも、さくらはアメリアのために最大限多くの時間を割いてくれました。一緒に丸を描く練習をしたり、はさみやのりを使った工作をしたり、折り紙をしたりなどです。

アメリアが私たちの「オフィス」に駆け込んできて、作ったものを見せてくれるとき、私たちがどんなにうれしいと思ったか。壁には、アメリアがさくらと色紙で作ったお気に入りのペッパ・ピッグ・ファミリーが飾られていますし、10月にはハロウィーンの衣装、12月にはクリスマスの衣装を2人で着て楽しい時間を過ごしていました。このような体験を通して、アメリアは季節やイベントを楽しむことを覚えたと思います。困難な時代には、健康で幸せに過ごすために、落ち着きや忍耐力、理解力、柔軟性、精神力が必要です。さくらは、すべてを持ったスーパーオペアです!

———————————————————————————————————💓
オペア留学 オペアケア
www.intraxjp.com/aupaircare/