英語学習

数字を表す「K、M」そして「figure」意味は?(アメリカ高校留学)

今回は、大きな数字を表す英語の表現について見てみましょう。

数字を表す「K」や「M」の意味は?

ビジネスで予算などで数字の後ろに「10K」「10M」と大文字のアルファベットがついたを目にすることがあります。最近ではSNSの視聴者数やチャンネル登録数でも見たことがあるのではないでしょうか?

・Kはキロ【10の3乗】5k=5,000、10k=10,000、15k=15,000
・Mはメガ【10の6乗】1,000,000(百万)は英語でmillionとなり、頭の文字がmで一致するため、Mをミリオンと読むこともあります
・Gはギガ【10の9乗】1G=1,000,000,000で10億となりますが、10億を示す英語はbillionです。

年収を表す figure

アメリカで年収を表す時、「ウン百万」と「ウン千万」で分けられます。
・ウン百万 = a six figures
例文:How to make a six figure income on instagram? (どのようにしてinstagramでウン百万稼ぐのか?)

・ウン千万 = a seven-figure
例文: When an individual earns a seven figure salary then he stands above average American income.(ウン千万の年収は、アメリカ人の平均年収以上となります。)


———————————————————————————-🛫

アユサ高校交換留学、アメリカ高校留学
www.intraxjp.com/ayusa/

アユサ高校留学・高校交換留学|アメリカ

アメリカ高校留学・高校交換留学について調べているがよく分からないと悩んでいませんか?
アユサインターナショナルでは、不明点、ご質問を受け付けております。
些細なことでも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。

説明会・個別相談