浅野さん

上智大学 国際教養学部 2年

今何をすべきなのかが明確になった。

将来海外で働くことを視野に入れているため、海外インターンシップに参加することによって経験を積みたいというのが一番の理由でした。

広告やメディア関連の企業でのインターンシップだったので、送られてきた日本語の資料の翻訳が主に行っていた仕事です。他にも、ドキュメンタリー動画の撮影補助や動画編集にも携わりました。

今回の海外インターンシップを通して様々な人に会うことができ、たくさんの刺激をいただきました。自分の興味ある分野を見つけようと思い参加したインターンシップでしたが、働く中で、今の自分には英語力もスキルも足りていないことを痛感させられました。このままでは、自分が将来やりたいことが決まった時のための準備が何もできていないと感じました。この経験のおかげで自分が今何をしなければならないのかが明確になり、積極的に行動を起こすきっかけとなりました。短い期間ではありましたが、とても良い経験になったと思います。