近藤 菜摘 さん

ホストキッズとの思い出

はじめは「ママがいい」、「寂しい」と発することが多く、泣いていることが多かったキッズたちですが、一緒に生活をするうちにどんどん変わっていきました。
だいぶ慣れてきたころに、キッズが「大好き!」と言ってくれたときや、4歳の女の子が、私の絵を描いてくれた時はとても嬉しかったです。彼女は絵を描くのが好きで、よく家族4人の絵を描いていましたが、ある時から、私も加えて描いてくれるようになりました!私のことを家族と思ってくれているのかなと考えると、本当に嬉しかったです。

ホストペアレンツとの思い出

ホストママ・パパとは、時々一緒に外食に行きました。
忙しい2人ですが、お互いが休みの週末には私のことも誘って、外食に連れて行ってくれます。中華、韓国、ベトナム、タイ、ウズベキスタン料理など、色々な国の料理を一緒に食べたり、沢山お話をしたりして、楽しい時間を過ごせました。

クリスマスにネックレスとクリスマスカードのプレゼントをもらった時はうれしかったです。
”Thank you so much for your help.”という言葉がカードに書かれていて、いつもありがとうを言ってくれますが、その日に特別に感謝をされたことをとても嬉しく思いました。

オペア友達との思い出

別の国から来ているオペア友達に日本のこと好き!と言われたり、日本語可愛い!と言われたりした時が嬉しかったです。お互いの国の言葉を教え合ったり、文化の違いについて話したりできて、興味深い経験でした。

楽しかったことは、スカイダイビングをしに行ったことです。突然スカイダイビングに行くことが決まって、勢いで空を飛びましたが、鳥になったような気分で気持ちが良かったです!

オペアをしてよかったこと

アメリカに長期滞在できるので、今までしたことの無い経験がたくさんできました!
日本にずっといたら出会わなかった人に出会うことができて、一生仲良くしたいと思うことのできる人たちにも出会えました。英語力がどれだけ伸びるかは自分次第ですが、オペアは英語力だけでなく、物事に対する考え方や自分の行動力も変化するプログラムだと思います。自分の人生の中で貴重な、忘れられない経験になりました。