松岡 鼓水さん

ホストファミリー宅周辺の環境

私の滞在先はニューヨーク州ウエストチェスターです。周辺は閑静な住宅街で、歩いて10分くらいで学校やちょっとしたスーパーや、薬局、図書館などがあります。
また、家の近くには海に面していて緑が広がっている公園があり、とてもきれいですし、子供を連れて行くのにも向いています!

おいしいベーグル屋さんも見つけました!ホストパパいわく、ニューヨーカーはみんなベーグルが好きだそうです(笑)

私のホストファミリー

ホストマザーはとても優しくて、時差は大丈夫?など体にも気を遣ってよく声をかけてくれます。彼女は小さいころ日本に住んでいたそうで日本語が話すことが出来ますが、私が英語を勉強しにきているというのをしっかり理解してくれていて、ほとんど英語で接してくれます。

ホストファザーは、最初は無口な方かと思っていたら意外と気さくな人で、たまにジョークを言ったりしてみんなを笑わせてくれています!私の運転の練習に付き合ってくれ、運転のポイントもしっかり教えてくれた優しいパパです。

私のホストキッズは、12歳の女の子、10歳の男の子、7歳の女の子です。
上のお姉ちゃんは、下の子たちに注意をしたり教えたり、本当にしっかりしています。でもたまに両親に甘えていたり、まだ子供らしく可愛いところもあります。

真ん中の男の子は、普段は少しシャイですが自分の好きな事や興味がある事に関してはたくさん喋ってくれて私に教えてくれます。少し寂しがりやな唯一の男の子でとても可愛いです。

下の女の子は、とても元気でいつもパワフル!!自分の主張がはっきりしていてアメリカらしく、とても愛らしい子です。

アメリカでの生活で感じたこと

街やスーパーの中を歩いていて、全く知らない人でも目が合ったらニコっと笑ってアイコンタクトをしてくれたり、元気?と話しかけられたりすることもあり、話には聞いていたもののアメリカ人のフレンドリーさに良い意味で驚きました。

また、パパ・ママの間はもちろん、子供たちの間でも何気ない会話の後にLove you , Love you too などと当たり前のように言い合っていて、恥ずかしがらずに愛を伝えるのがアメリカの文化なんだなぁ、と思い感動しました!

私もそうですが、最初は英語に自信がなく話しかける勇気が出てこない人が多いと思います。だけど、分かる範囲での英語でいいから、積極的に話しかける事、質問することがコミュニケーションが取れる一番の方法なのかなと思います!

わたしは、いつもディナーの後、ホストママ・パパと一緒に食器の片付けを手伝っている時に、今日1日の子供の出来事だったり、単純な質問だったり、必ず1つでも自分から話しかけるように心がけています!