イントラックス

0120-039-815

10:00~18:30 ※土日・祝日は除く

会社概要

イントラックスは、1980年に、アメリカ人のJohn F. Wilhelmと日本人の横田剛によって設立されました。最初のプログラムは、日本人の学生を対象に、アメリカで2~4週間ホームステイを提供していました。プログラムの目的は、日本の学生とアメリカのホストファミリー双方が、お互いの文化を理解し、尊重し合うことでした。
現在では、毎年世界100カ国以上の国から、2万5千人以上の参加者を輩出しており、会社やプログラムの規模も当時とは比べ物にならないほど大きくなりましたが、当初の理念は今でも変わっていません。イントラックスのプログラムの参加者がグローバルコミュニティーの1員として活躍してくれるよう、日々努力しています。

社名 イントラックス
住所 〒105-0022 東京都港区海岸1-9-11 マリンクスタワー7F
電話番号 03-3434-2729
営業時間 平日10:00-18:30

イントラックスの歴史・沿革

1980年 アメリカ人の John F. Wilhelmと日本人の横田剛によって、イントラックス本部がサンフランシスコに設立される。当初は、短期のホームステイを提供していた。
1981年 高校留学プログラムを扱う、イントラックスグループの高校部門としてアユサ・インターナショナルがサンフランシスコで、非営利団体として立ち上げられる。
1984年 アユサ・インターナショナルが、Council on Standards for International Educational Travel(CSIET)の創立会員となる。
1985年 イントラックスが米国国務省の補助金を受け、東京に初の海外拠点として日本支社を設立。
1989年 米国国務省から、オペアケア運営団体、ビザのスポンサーとして認定される。オペアケアプログラムを開始する。
1990年 ドイツ事務局を設立。
1998年 サンディエゴに語学学校を設立。
1999年 米国国務省から、ワーク&トラベル運営団体、ビザのスポンサーとして認定される。
2000年 シカゴに語学学校を設立。イントラックスのプログラム参加者の人数が12万人を超える。
2003年 カナダ支社を設立。
米国国務省から、インターンシップ運営団体、ビザのスポンサーとして認定される。
インターンシッププログラムを開始する。当初は、世界中の優秀な若者にアメリカでインターンシップを通じてビジネスの経験を積んでもらうというものだった。
2007年 Lango Program(アメリカの子供に外国語を教えるプログラム)を開始。
2008年 アメリカの学生を対象に東京をはじめ、ロンドン、パリ、マドリード、バルセロナで、海外インターンシッププログラムを開始。
2009年 イントラックスグループの高校部門アユサ・インターナショナルが、Emerging Youth Leaders Grantを米国国務省より表彰され、若い将来のリーダーを育成してきた功績が称えられる。
2010年 フランス、韓国、ペルー、チリ支社を設立。 ボランティアを運営するProWorld Volunteer Abroad 団体をイントラックスグループに
2011年 アメリカ人を対象に海外で英語を教えるTeach Abroad Programを開始。
チリ・中国・韓国・ペルー・台湾で受け入れ開始。

イントラックス日本支社の歴史・沿革

1985年 イントラックス初の海外拠点として、米国国務省の補助を受け、日本支社が東京に設立される。
高校留学プログラムはイントラックスグループの高校部門としてアユサインターナショナル日本事務局として設立。アメリカへの高校留学の派遣生募集および海外の高校生の受け入れを開始。
1986年 アユサインターナショナル日本事務局から第1期高校交換留学生を送り出す。
1992年 全国高校生留学・交流団体連絡協議会(高留連)が発足する。アユサインターナショナル日本事務局は発足時より高留連第1種会員の承認を受ける。イントラックスとしてオペアケアを提供。
1998年 語学留学を提供。
2001年 アユサ高校留学同窓会組織、ANEP(AYUSA Network Expanding Program)が発足される。
2002年 イントラックスから海外へ留学した人が3000名を突破する。
2003年 インターンシッププログラムを提供。
2004年 アユサインターナショナル日本事務局が第20期派遣生募集にあたり、アユサ20周年記念奨学金制度を開始する。
2006年 アユサインターナショナル日本事務局がアメリカ高校留学プログラムの早期受験者を対象に奨学金制度を開始する。
2009年 短期海外インターンシッププログラムを開始。海外からのインターンシップ生受け入れ開始。
2011年 ANEP(AYUSA Network Expanding Program)が10周年を迎える。

提携団体

イントラックスは、米国外務省から質の高い国際交流プログラムとして認定を受けた数少ないプログラムを提供しています。またその他にも、数多くの国際機関・団体とパートナーシップを組んでいます。

米国国務省
全国高校生留学・交流団体連絡協議会(高留連
NAIS – National Association of Independent Schools
American Councils
WYSE Work Abroad
TESOL – Teachers of English to Speakers of Other Languages, Inc
ACCET – Accrediting Council for Continuing Education & Training
NAFSA - Association of International Educators
AAIEP – American Association of Intensive English Programs
IAPA – International Au Pair Organisation
ALTO – Association of Language Travel Organisations
Alliance for International Educational and Cultural Exchange
WYSTC – World Youth & Student Travel Conference
CSIET - Council on Standards for International Educational Travel

提携団体

イントラックスは、14のオフィスを世界に展開する、グローバルな企業です。プログラム参加者の出身国は100カ国を超え、参加者の数も毎年2万5千人を数えるなど、世界中に質の高いプログラムを提供しています。
イントラックスのプログラムの参加者がグローバルコミュニティーの1員として活躍してくれるよう、日々努力しています。

 

個別相談予約 資料請求