イントラックス

  • Facebookページはこちら
  • インスタグラムはこちら

 

0120-039-815

10:00~18:30 ※土日・祝日は除く

オペアケア

AuPairCareオペアケア

有給でチャイルドケア

アメリカ往復航空券&1年間の滞在費・食費無料!

オペアケアとはアメリカ国務省認定の有給チャイルドケアです。
アメリカ国務省の規定を満たしたホストファミリー宅で暮らし、働き、そして学費補助金を利用してコミュニティカレッジなどにも通えるプログラムです。

オペアケアは、ホームステイ先の子供のお世話を有給でするプログラムです。ホームステイ先の子供のお世話することでお給料をもらい、学費補助金(最大$500)を利用して、コミュニティカレッジや学校にも通えるプログラムです。

イントラックスは米国国務省に認可された教育団体でJ-1ビザのスポンサーとしてオペアケアプログラムをはじめ数々の教育プログラム運営をしています。イントラックスは国際的な教育団体で、ビザのスポンサーでもありますので安心して参加することができます。

報酬

年間約100万円

1週間$195.75

無料

往復航空券

滞在&食事

現地研修

そして更に

10日間の有休

学費補助

オペアイベント

有給で働く

オペアとしてのお給料は1週間あたり$195.75です。(年間、約100万円)また、アメリカ往復航空券やプライベートルーム・食事が無償で提供され、年間10日間の有給も取得できます。オペアケアでの最大の特徴は、アメリカで有給で働けることです。お給料をもらいながら生活ができることです。
オペアケアはアメリカ国務省によって認定されたプログラムで、J-1 ビザ(交流訪問ビザ)を取得してオペアとしてアメリカで働くことが認められています。J-1ビザとは教育機関または非営利団体が後援する公認プログラムに参加する目的で渡米する場合に発行されるビザです。アメリカ到着後にはソーシャルセキュリティも取得できます。イントラックスのオペアケアはJ-1ビザのスポンサーです。

オペアとしての役割

オペアとして子供に愛情を持って接することが皆さんのお仕事です。就業時間は1日あたり10時間以内、週に45時間以内と定められています。具体的な仕事例としては、食事の用意、洗濯、幼稚園や学校の送り迎えなどがありますが、一緒に遊んであげるのも大切な仕事の一つです。子供が好きな絵本を読んであげたり、科学館にでかけたり、公園でスポーツをしたりするのでもいいでしょう。アメリカはイースター、ハロウィーン、クリスマスなどを子供から大人まで楽しみますので、皆さんも子供たちと一緒に現地のイベントなどに参加してみてください。
オペアの滞在場所はアメリカのホストファミリー宅のプライベートルームです。ホストファミリー宅の全ての家事をする必要はありませんが、家族の一員としてコミュニケーションをとり、積極的にお手伝いをしながら生活しましょう。

仕事例

  • ・安全確認と健康管理
  • ・食事の用意
  • ・部屋の整理整頓
  • ・洋服の洗濯
  • ・幼稚園や学校への送迎
  • ・習い事の予約や送迎

 

学校で学ぶ

アメリカ滞在中に、ホストファミリーから支給される最大$500(約6万円)の学費補助金を利用して、現地の学校やコミュニティカレッジでクラスに通うことができます。
受講クラスは滞在都市にある学校やコミュニティカレッジで自分の英語力にあったクラスを選ぶことができます。受講クラスの一例は、英語、児童教育、音楽、ビジネス、ホスピタリティーなどかあります。
オペアケアでは、働きながら、学生として学校またはコミュニティカレッジに通うことができるので、アメリカでの就労経験と学歴を同時に得ることができます。

受講クラス例

  • ・英語
  • ・児童教育
  • ・音楽
  • ・美術
  • ・ビジネス
  • ・マーケティング
  • ・ホスピタリティ
  • ・インターナショナルスタディ
  • ・歴史
  • ・コンピューター
  • ・フラワーアレンジメント
  • ・料理          など

現地研修とサポート

アメリカ到着後は、ニューヨーク近郊で3日間の研修期間があります。この研修で、チャイルドケアやアメリカについて学び、オペアとしての心構えを更に整えます。
また、アメリカでは、皆さんのホームスティ先の近くに相談役の現地スタッフがいます。
この現地スタッフが月に一度の割合で、オペアを集めて楽しいイベントを開催しているので、世界各国から参加しているオペアと出会うチャンスがあります。オペアケアでアメリカ文化を体験すると同時に、ホストファミリーやその子供に日本の文化を伝えましょう。
また、毎週1日半の休日と年間10日間の有給もあり、その間に米国内の旅行を楽しむ人も多いようです。

個別相談予約 資料請求